ホーム >  外来 >  糖尿病診療のご案内

糖尿病診療のご案内

糖尿病の治療とは

糖尿病の治療とは

糖尿病は血糖(血液中のブドウ糖)が増え、そのために全身の血管や神経が徐々に侵されて視力障害、腎不全、足の壊疽、心筋梗塞、脳血管障害などの合併症を併発し、健康維持と社会生活が損なわれるだけでなく、寿命を縮めることにもなる病気です。

糖尿病の原因は多様であり遺伝素因にも根ざしているので、今日でも完全には治せません。しかし、適切な治療(食事・運動・薬物療法の組み合わせ)を継続する事で、血糖を正常に保ち、合併症を防いで健康人並みの人生を過ごすことは可能であり、それがこの病気の治療に目的になっています。

この目的を達成するには、糖尿病を出来るだけ早く発見し、早期から主治医が指示する適切な治療方法を患者様が自分で継続的に自己管理できるようになることが、なによりも大切なのです。当院では既に昭和57年12月から内科の中に糖尿センターを設け、糖尿病専門の診療と患者様がたが治療を自己管理できるように支援する療養指導を行なっています。

糖尿病患者会「ひきふね会」のご案内

ひきふね会会長 小用行男
済生会向島病院糖尿病センター 糖尿病医療チーム一同

ひきふね会は、済生会向島病院糖尿病センターに通院している患者さん方が、糖尿病といつまでも上手に付き合って、合併症を防ぎ健康な人生を送れるように、糖尿病自己管理のやり方を病院での治療・指導以上にきめ細かく学び会い、お互いに励まし合っていく患者の任意団体で発足以来22年の歴史があり、平成19年秋、日本糖尿病協会東京都支部から団体表彰を受けています。

この会は、きめ細かい糖尿病自己管理のやり方を学ぶと共に会員相互の交流を深めるため、向島病院で療養指導して下さっている先生方の支援の下で勉強会・講演会・外食勉強会・調理実習試食会・歩く会などの事業を毎年行っています。

ひきふね会に入会されますと、上部団体である日本糖尿病協会、その支部である東京都糖尿病協会及び、関東甲信越地方連絡協議会にも自動的に入会することになります。そして、日本糖尿病協会からは月刊誌「さかえ」が送られてきます。また、これら上部団体の開催いたします催しにも随時参加することができるようになります。

入会は、向島病院内科・糖尿病センターで受付けています。入会金は1,000円、通年会費は6,000円です。(日本糖尿病協会員会費、雑誌「さかえ」の費用込み)

糖尿病センター診療のご案内

関連情報

医療相談室

入院費用や社会福祉制度、在宅介護など、患者様が“困っていること”に対して、ソーシャルワーカー(相談員)が、面談等を通じて支援させていただきます。

[医療相談室直通電話番号] 03-3610-3784

日本糖尿病協会i_link

COPYRIGHT © TOKYO SAISEIKAI MUKOUJIMA HOSPITAL. All rights reserved.