ホーム >  診療体制 >  医療技術部 >  臨床検査科

臨床検査科

臨床検査科のご紹介

臨床検査科のご紹介

当院臨床検査科は大正11年に向島病院の前身である向島診療所開設後、長い間結核等細菌検査を中心に稼動して来ました。昭和59年には糖尿病センター開設に伴い、新世代の自動分析検査装置導入を行い、増加する糖尿病患者様の診療に必要な血糖や脂質の検査を開始しました。

この様に臨床検査科は病院を取り巻く社会環境や時代背景と共に歩んで参りましたが、2008年5月の病院新築を機会に、検査装置の近代化を図り、精度の良い迅速な測定を実施しております。

また、向島病院の院是であります『患者様中心の医療』実現に取り組む過程で2011年には安全・安心な臨床検査データ提供の証しとなります『精度保証施設認定』を受ける事が出来ました。この証書は外来診療をお待ちになる間に御覧頂ける様、待合に掲示してあります。

今後はTAT短縮(患者様の検査結果をお返しする時間の短縮を表した用語です)をテーマに掲げ、臨床検査技師一同向島病院をご利用される皆様の為に努めて参ります。

仕事内容

生理検査室

生理検査室では患者様の身体に直接触れて、以下のような検査を実施しています。

■心臓の検査
心電図、24時間心電図、負荷心電図、心臓超音波
■糖尿病性神経障害の検査
末梢神経伝導速度検査、自律神経検査の心電図R-R間隔
■動脈硬化検査
頸動脈超音波、足関節上腕血圧比、脈波伝導速度
■超音波検査
上腹部、下腹部、甲状腺、下肢血管など
■その他
肺機能検査、24時間血圧検査、脳波、聴力検査、筋電図検査、骨密度検査、終夜睡眠ポリグラフィー検査

分析検査室

分析検査室では患者様から採血した血液、尿、便、喀痰などの検体の検査を実施しています。以下の検査を院内で行っています。

■生化学、免疫血清検査
蛋白質、糖、脂質、HbA1C、感染症検査(ウイルス性肝炎、梅毒)、PSA(前立腺腫瘍マーカー)など
■尿一般検査
尿中蛋白・糖・潜血など成分検査、便潜血反応、体腔液検査など
■血液検査
赤血球数、白血球数、血小板数、ヘモグロビン量など
■輸血検査
不規則性抗体スクリーニング、クロスマッチ(安全な輸血療法を実施する上で欠かせない検査です。)
■細胞診検査
痰や腹水などの材料の中に癌細胞が無いか顕微鏡で調べます。
■細菌検査
感染症を引き起こす原因となっている病原体を培養して調べます。
■尿素呼気試験検査
ヘリコバクターピロリ菌を検出します。

24時間緊急検査体制をとり、救急医療に対応しています。

使用機器

生化学自動分析装置、自動血球計数装置、安全キャビネット、グリコヘモグロビン分析装置、尿自動分析装置、血液ガス測定装置、自動免疫測定装置

採血

採血室では外来患者様の採血を始め、入院患者様の採血や血糖値測定を実施しています。また、病室で6時30分から朝食前採血、並びに時間指定採血も行っています。

スタッフ紹介

臨床検査技師 11名
(生理検査室5名、分析検査室5名、医療技術部長1名)
細胞検査士 2名
国際細胞検査士 2名
超音波検査士 1名
糖尿病療養指導士 6名

COPYRIGHT © TOKYO SAISEIKAI MUKOUJIMA HOSPITAL. All rights reserved.