ホーム >  診療体制 >  消化器内科

消化器内科

診療内容・特色

当院消化器内科では消化器疾患全般を初期診療可能です。消化器領域は食道、胃腸管、肝臓、胆のう、膵臓の複数の臓器を含んでおります。症状としては腹痛、下痢、便秘、血便、腹部膨満感、胸焼け、げっぷ、貧血などです。当院ではCT、MRI、内視鏡(食道、胃、十二指腸、大腸)、超音波などの検査が可能です。症状により詳細な問診・診察後、必要に応じて検査を施行し、迅速診断、治療を行っております。また、緊急手術、高度な処置が必要なときは、連携病院にご紹介させていただいております。

当院は東京都肝臓専門医療機関に指定されており、B型・C型慢性肝炎について、インターフェロン治療や核酸アナログの治療を行っております。

近年ピロリ-菌感染胃炎は胃癌発症との関連が指摘されており、当院ではピロリ-菌除菌治療も行っております。

胃癌、大腸癌検診は随時受付しております。大腸ポリープに切除適応ある場合も内視鏡下施行します。

当科は常勤及び非常勤の専門医が、患者様中心の医療を心掛け治療を行っております。消化器病についてご不明な点や心配事がございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

対象疾患

食道:
胃食道逆流症、食道潰瘍、食道静脈瘤、食道癌
胃・十二指腸:
胃十二指腸潰瘍、慢性胃炎、ピロリ-菌感染胃炎、機能性デイスペプシア、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、GIST、胃癌
大腸:
大腸ポリープ、慢性下痢、過敏性腸症候群、感染性腸炎、大腸憩室炎、腸閉塞、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、クロ-ン病、大腸癌
肝臓:
急性肝炎、B・C型慢性肝炎、脂肪肝、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、アルコール性肝障害、肝硬変、原発性胆汁性肝硬変、肝癌
胆のう:
胆石症、急性胆のう炎・胆管炎、胆のうポリープ、胆のう癌
膵臓:
急性・慢性膵炎、膵のう胞、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)、自己免疫性膵炎、膵癌

医師紹介

氏名 林 竜彦 はやし たつひこ
役職 消化器内科部長
専門分野 内科全般、消化器内科
学会資格 総合内科専門医、消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医、産業医
コメント 一般消化器内科、総合内科も含めて患者様の病状に合わせて診察に取り組んで行きたいと考えております。

COPYRIGHT © TOKYO SAISEIKAI MUKOUJIMA HOSPITAL. All rights reserved.