ホーム >  診療体制 >  医療技術部 >  放射線科

放射線科

放射線科のご紹介

放射線科の業務は各診療科からの依頼に応じて、CT・MRI・単純X線撮影・消化管造影・骨密度測定などの各種画像検査を担当しています。患者さまが受診された検査画像はデジタルデータとしてPACS(画像保存通信システム)に保管し、院内ネットワークを利用して全ての診察室や病棟で閲覧できるフィルムレス運用を行っています。

主な設備としてCT(16列)及びMRI(1.5T)は従来の機器に比べ、息止め時間や静止時間が短くなり検査時間も大幅に短縮しました。

また、当院は二次救急を担う急性期病院としてCT・MRI検査を24時間体制で対応しています。

放射線検査に対する不安、疑問、ご意見などございましたらお気軽にお尋ねください。

検査機器のご紹介

CT検査

TOSHIBA 16列マルチスライスCT装置

TOSHIBA 16列マルチスライスCT装置
CT検査はX線を用いて全身の断面像を撮影します。
短時間で広範囲の撮影が可能で、腹部CT画像による内臓脂肪測定も行っています。

MRI検査

TOSHIBA 1.5テスラMRI装置

TOSHIBA 1.5テスラMRI装置
MRI検査は磁力と電波を利用して体内のあらゆる角度の断面像や血管を描出します。

当院のMRI装置は1.5テスラの磁力を持ち、検査騒音も従来と比べ低減した装置となっています。

COPYRIGHT © TOKYO SAISEIKAI MUKOUJIMA HOSPITAL. All rights reserved.