ホーム >  診療体制 >  神経内科

神経内科

診療内容・特色

日本神経学会認定神経内科専門医・指導医の常勤医師1名で診療を行っています。 外来日一般診療の後に、ボトックス治療やステロイド局注などを予定して施行します。神経伝導検査、針筋電図検査などは別枠の検査日に行います。介護保険サービスや施設利用の調整なども医療連携室と協力し、相談に応じています。

対象疾患

脳卒中(脳梗塞、手術適応のない軽症脳内出血)、頸動脈狭窄症、パーキンソン病、頭痛、めまい、ボトックス治療(眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、脳卒中後遺症の上肢痙縮等)、末梢神経障害、神経変性疾患、その他の神経内科一般の診療を行っています。

医師紹介

氏名 大野 英樹 おおの ひでき
役職 内科医長
専門分野 神経内科、脳卒中
学会資格 神経内科専門医・指導医、脳卒中専門医
コメント 神経内科疾患には頭痛やパーキンソン病など、画像検査でも異常が認められない病気が数多くありますが、丁寧に診察を行い、病気を見逃さないことを心がけています。